田中千代・民俗衣装・コレクション

デンマーク (Denmark)



(1960年収集)

[衣装の構成]

ブラウス
スカート
ベスト
エプロン
スカーフ
帽子


 ブラウスは白麻製で、前中央に明きが゜あり、頭からかぶって着る。肩、脇線とも直線裁ち、衿は付け線が直線のシャツ衿、衿まわりにはレースの縁飾りが、衿先にはカットワークが施されている。袖は筒袖で、袖下に"まち"が付いて着易く出来ている。
 スカートは赤無地の平織ウールのギャザースカートで、裾回りは2mで筒型に縫われ、胴囲には木綿の赤無地のベルトが付いている。裾回りには抹茶色のダマスクが表見返しにつき、その上側に刺繍のある絹リボンがまつりつけてある。ベストはスカートと共布で、衿明きはU型に深く刳られ、前明きはつき合わせでカギホック留め。衿刳りと袖刳りにスカートと共の絹リボンが付いている。
 帽子はボンネット型、スカートの裾の飾り布と共のダマスク製で、後頭部は黒ビロードに派手な花模様の刺繍がされ、そこから長い赤リボンが垂らされる。ボンネットの前に付いたリボンは顎の下で可愛らしく結ぶ。この国では民俗衣装の地域区分はもうよく判らなくなっている。(1960年)

スカート ベスト 帽子の部分

ブラウス エプロン スカーフ