田中千代・民俗衣装・コレクション

マレーシア (Malaysia)



(1938年収集)

[衣装の構成]
下衣
 (サロン Sarong)
上衣
 (カバヤ Kabaja インドネシアと共通にバジュとも言う)


 これは女性の普段着で、サロンとカバヤの組合せである。サロンは木綿地のロウケツ染で、カバヤはピンクのレーヨンに白木綿のレースで縁取りがされている。
 ロウケツ染の布 (バティック) の上等のものはインドネシアから輸入する。普通のものはマレーシア北東部のコタバルで作られる (1960年頃)。上等のカバヤはレースで作られ、ヨーロッパ製のレースも入っている。

上衣 (カバヤ) 筒型スカート (サロン)



マレーシア (Malaysia)



(1938年収集)

[衣装の構成]
下衣
 (サロン Sarong)
上衣
 (カバヤ Kabaja インドネシアと共通にバジュとも言う)


 これは女性の盛装で、花嫁衣裳 (バジュ・ペンガンティン) でもある。
 サロンとカバヤは、インドネシアから伝わった形で、ロウケツ染のサロンとレースのカバヤも晴着として用いられる。現在は国際的な場にも着用される正装として通用する。
 このサロンは、110cm×200cmの布を、細い伏せ縫いで筒状に仕立ててあり、他のサロンに比べ輪が少し大きいようである。布地は、緑の木綿地全体に金色糸の織込み模様があり、裾7cm巾と、縦45cm巾 (写真の後) は違う柄が織込まれている。これは、マレーシア北部のケランタン州 (Kelantan) 特産のもので、木綿地に絹糸の織込み模様を特徴とするケランタン織と呼ばれるものである。 (木綿地の他に絹地が使われることもある) 。
 上衣のカバヤは、インドネシア同様、バジュ (Baju) とも呼ばれる。形は衿なしで丸いネックラインの前に13cmの切込みが入り、ボタンとループが付き、かぶって着る。着丈80cm、裾巾82cm、袖巾21cmで、ダーツなどのない直線裁ちの両脇に"マチ"を入れた、ゆったりしたオーバー・ブラウス風である。布地はサロンと共布が用いられている。




マレーシア (Malaysia)



サロンの着方
平凡社発行、田中千代著
「「世界の民俗衣装」より

(1938年収集)

[衣装の構成]
ズボン (チラナ Chelana)
下衣
 (サロン Sarong)
上衣
 (カバヤ Kabaja)
帽子
 (ソンコ Songkok)


 サロンは、105cm×186cmの布を伏せ縫いで輪にしたもので、布地はケランタン織である。木綿地に金色糸の織込み模様があり、縦38cm巾と、上下の (布の両耳) 8cm巾は柄違いになっている。
 カバヤはインドネシア風にバジュ・マラヤ (Baju Malaya) とも呼ぶ。形は、巾20cmの太い袖、スタンド・カラー付きのシャツ型のものである。
 ズボンはパジャマ風で裾口が31cmもあり、ゆったりしている。布地は上下ともレーヨン・サテンである。このズボンと殆ど同じ型の白いズボン下が付くこともある。
 帽子はソンコと呼ばれるもので、マレー人の男性は儀式の時などにこれを被る。
 マレーシアではイスラム教が勢力を保っており、この帽子も日除けだけでなく、宗教上のものでもある。また、この写真に見られるサンダルはチャパル (Chapal) と呼ばれるものである。